プログラマの仕事内容解決ブック

黙々と作業が出来る人?プログラマの仕事内容を見る前に適性をチェック

プログラマの仕事内容解決ブック新人プログラマにとっての課題や、スキルアップのための方法をご紹介!つまづきやすいポイントをしっかりおさらいして、将来のこと、キャリアアップを考えて仕事に取り組んでいきましょう!

当サイトについて

プログラマ暦、早16年。プログラマとして一生を終えるつもりでいたが、とある事をきっかけに、新人プログラマを育成する立場へ転向。プログラミングをこよなく愛する、いち親父プログラマとして、新人プログラマの方へ伝えたいことをつづっています。

適正をチェックして、プログラマに向いているか考えよう

黙々と、コツコツと仕事を進める、長距離ランナー

プログラマは、時に孤独に、黙々と作業を進めます。単純作業でもなく、コンピュータを相手に、淡々とプログラムを書いていく仕事です。コンピュータは、決して、柔軟な対応はしてくれません。プログラマが書いたプログラムの通りにしか動作しないのです。たった1文字の入力ミスでも、コンピュータはその意味を理解してくれません。そのかわり、プログラマの書く指示命令に背くことも決してありません。ただひたすら忠実に、指示命令に従います。プログラマは、そのきわめて優秀でありながらも、まったく融通がきかないモノを相手に、仕様通りの動作をさせるために、一心不乱にプログラミングをしていくのです。いかに自分の世界に入り込んで、集中力を継続させて作業に没頭できるかが鍵となります。

考えるのが好きな人はプログラマ向き

プログラムを書くというのは、具体的にはどういうことでしょうか。まず、全体の動作を規定した仕様書というものを、システムエンジニアが作成します。プログラマは、その仕様書通りに動作するプログラムを作成していきます。プログラムを実際に記述していく前に、どのように記述していくかを考える必要があります。プログラムとは、コンピュータに指示をあたえる指示書のようなもの。どう指示をあたえれば効率よく動作するか、それを考える必要があるのです。この考える力こそが、プログラマの実力の差になっていくのです。面倒くさがらずに、順を追って地道に考えなければなりません。考えることが苦手な人には、向いていない仕事です。経験が浅いうちは、回りくどく無駄な記述も多くなりがちですが、経験と知識を蓄え、スキルアップしていくにつれ、よりスマートな記述ができるようになっていきます。

論理的思考ができる人ほどプログラマに向いています

考える力をもう少し考えてみましょう。効率やリソースの使い方など、どうすれば都合よく動作するのか。その組み立てには、論理的思考能力が不可欠です。順を追って、論理的に物事を組み立てる能力がなければ、プログラムの記述を考えることも難しいでしょう。これらは、人間の生活や性格にも同じようなことがいえます。たとえば、時間の使い方が上手な人と、下手な人がいるようなことです。一般的には、論理的思考力が高い人ほど、効率よく動けると言われています。それは、そのままプログラムを書くセンスに置き換えることもできるでしょう。

簡易的ではありますが、以下の診断ツールで自身がプログラマに向いているか確認して見るのもいいかもしれません。
http://www7.plala.or.jp/keny01/consult/exam.html

PV数の多いサブテーマ

ページの先頭へ

プログラマの仕事内容解決ブック

Copyright © 2014 プログラマの仕事内容解決ブック All Rights Reserved.